いろいろ重なってHomebrewを入れようと思った

  • High Sierraにした
  • 自作キーボードをカスタムするための環境整備
  • NeoVimもhomebrewがいいらしい
  • rbenvもHomebrewがいいらしい

といろいろ重なったのでHomebrewを入れることにした。 Macでアプリの扱いが簡単な方がいいので、 /Applications ディレクトリに Homebrewをインストールすることにした。

参考:

Homebrewを /Applications ディレクトリにインストールする

Homebrew 本体のインストール

まず、あらかじめ /opt/homebrew ディレクトリを作成しておきます。

cd /opt
sudo mkdir homebrew
sudo chown ${USER}:staff homebrew

通常のインストールスクリプトを実行する代わりに、以下を実行します。 このコマンドは、Homebrew ドキュメントの Alternative Installs に書かれているものです。

curl -L https://github.com/Homebrew/homebrew/tarball/master | tar xz --strip 1 -C homebrew

インストールそのものはこれだけです。 あとは実行パスの設定さえしてしまえば brew コマンドが使えます。

これを /Applications ディレクトリに置き換えて行う。

まず /Applications/Homebrew を作成する。

mkdir /Applications/Homebrew

このディレクトリに Homebrew をインストールするので載っているコマンドを少し変更して実行する。

cd /Applications/Homebrew
curl -L https://github.com/Homebrew/homebrew/tarball/master | tar xz --strip 1 -C .

上記の例では /opt/homebrew に、 /opt ディレクトリから展開を行っているので、 ディレクトリの移動等でパスを変えている。

$PATH の設定

実行パスの設定

/usr/local/bin と違ってデフォルトで実行パスが通っていないので、以下のどれかで設定します。

  • /etc/paths/opt/homebrew/bin を追加。
  • /etc/paths.d/homebrew というファイルを作って /opt/homebrew/bin と記述。 (ただし、/etc/paths.d/*/etc/paths よりも後にパスが追加される点に注意)
  • ~/.zshrc~/.bashrcPATH 環境変数を設定。

キャッシュパスの設定

キャッシュの参照先が /usr/local/Library/Caches になってしまうようなので、 パスを変更します。

~/.zshrc~/.bashrc で以下を設定します。

export HOMEBREW_CACHE=/opt/homebrew/cache

この内容は、 コメント でご指摘いただいたものです。ありがとうございます。

HOMEBREW_CACHE
If set, instructs Homebrew to use the given directory as the download cache.

Default: ~/Library/Caches/Homebrew.

bash_profile$PATH の設定を加える。

#XDG base directory specification
export XDG_DATA_HOME="$HOME/.local/share"
export XDG_CONFIG_HOME="$HOME/.config"
export XDG_CACHE_HOME="$HOME/.cache"

#VimR command
export PATH="$PATH:/Applications/VimR.app/Contents/Resources"

#Homebrew command
export PATH="$PATH:/Applications/Homebrew/bin"
export HOMEBREW_CACHE="$XDG_CACHE_HOME/Homebrew"
export PATH="$PATH:/Applications/Homebrew/bin"
brew へのパスを通している
export HOMEBREW_CACHE="$XDG_CACHE_HOME/Homebrew"
dein.vimのキャッシュディレクトリの設定 でXDGに対応したディレクトリ構成にしているのでキャッシュディレクトリはこれを利用することにする。

動くか確認する

brew install sl
sl -l

動けば問題なし